プロフィール

大田区議を4期13年務めていましたが、平成24年末、同26年末と二度衆議院議員総選挙に出馬。一度目は民主党現職には勝ったものの次点で落選。その後、党と地元の要請もあり、原点に戻る決意で平成27年大田区議選に「出戻り出馬」第4位6383票で5期目の当選。

経歴

1956年(S31) 東京都国立生まれ
1959年(S34) 両親が離婚、父と二人暮らしを始める
1967年(S42) 父と死別(胃癌)、市川市の伯父宅へ居候
1970年(S45) 実母の再婚先へ養子縁組(養父・実母ともに教員)
1972年(S47) 航空自衛隊第18期生徒として埼玉県熊谷基地にある航空生徒隊に入校
1975年(S50) 航空自衛隊生徒第18期修了、カリフォルニア州パロ・アルト成人学校入学
1976年(S51) カリフォルニア州サンノゼ市立大学入学(写真ジャーナリズム専攻)
1977年(S52) 米国から帰国、大田区西糀谷に転居
1979年(S54) 大田区西糀谷に会社設立
1985年(S60) 放送大学教養学部入学
1988年(S63) 航空自衛隊予備自衛官(電子計算機整備)拝命
1995年(H07) 政策学校一新塾都議養成科入塾
1995年(H07) 大田区議会議員選挙落選(新生党⇒新進党 1585票)
1999年(H11) 大田区議会議員選挙当選(自由党 3254票)
2003年(H15) 大田区議会議員選挙再選(自由党 4692票)
        自由党の民主党合流に反対、自ら新たに自由党を設立
2007年(H19) 大田区議会議員選挙三選(諸派 自由党 2880票)
2010年(H22) 25年かかり放送大学教養学部卒業
        放送大学大学院文化科学研究科入学(天川ゼミ)
2011年(H23) 大田区議会議員選挙四選(たちあがれ日本 6363票 50名中3位)
2011年(H23) 東京都医療救護班の一員(唯一のボランテイア)として気仙沼市に派遣
2012年(H24) 放送大学大学院文化科学研究科修了(修士 学術)
        衆議院総選挙落選(太陽の党⇒日本維新の会 44999票 次点)
2013年(H25) 中山恭子参議員議員公設第一秘書兼選対事務局次長
2014年(H26) 田母神俊雄(元航空幕僚長)都知事候補事務局次長
2014年(H26) 衆議院総選挙落選(次世代の党 20108票)
2015年(H27) 大田区議会議員選挙五選(次世代の党 6383票 50名中4位)
        航空自衛隊予備自衛官任期満了(予備2等空曹)

現在

  • 大田区議会防災安全対策特別委員長
  • 東京都郷友連盟執行役員
  • 自衛官募集相談員 自衛隊大田区協力会副会長 自衛隊大田区家族会副会長
    隊友会(自衛隊OB会)大田支部長
  • 靖国神社崇敬奉讃会々員
  • 西村塾(西村眞悟塾長)顧問
  • 一般社団法人倫理研究所法人局法人レクチャラー・大田区倫理法人会副会長
  • 六郷地区戦没者遺族会相談役(伯父が海軍少佐で戦没)

保有資格

  • 大型自動車1種免許
  • 第2級小型船舶操縦士
  • 陸上特殊無線技士
  • 海上特殊無線技士
  • 第4級アマチュア無線技士(ex JA9KIN,JH4LBZ)
  • 宅地建物取引士
  • 競売不動産取扱主任者
  • 中古自動車査定士(小型)
  • 修士(学術)
  • 総合旅行業務取扱管理者

議会報告

区政報告PDF一覧

ページの先頭へ

以下、検索エンジンの表記揺れ対策用文字列です。犬伏, ひでかず,